2010年11月
美術館庭の植木作業をおこなえる貴重な時期が来ました。
クレーン車パワーショベルにトラックと大勢のプロフェッショナルが
土が凍る前、木々の冬眠前に大手入れです。

庭作業パワーショベル

人為的に作られた森から、八ヶ岳高原の自然本来の森へ
人の力で戻します、少しずつここまで20年以上。

 来春には素敵なお庭が出来ますので、ご期待を。

  あたたかくなりましたら、是非ともお出かけください。

庭作業のクレーン車

 

 

 

2010年3月10日
一晩明けたら、この景色。

橋の手すりが隠れそう
80センチ以上、毎冬1回はある恒例の春前の大雪です。

これが融けると高原に春が訪れます、
すでに天は抜けるような紺青
太陽キラキラ降りそそいでいます。

ぜひお出かけください来月1日から 開館です。


2010年2月3日
めずらしく 雪が降りました。
積雪でもスタッドレスタイヤいりません、よい所です。

快晴で毎日が陽です、無音の静寂さは頭の中をリセットするのに最高な自然劇場です。

    

 

 


2009年12月の始め
長い冬休みです、展示作品をはじめパソコン、ファックス機材等がすべて東京の某金庫へお引っ越しです。

館内はカラッポ、警報装置だけになりました。美術館へのお電話とEメールは転送され今まで通りにつながります。

 

  
作品移動で特殊エアークッション車が他美術館へ、3ヶ月前は寒くなく撮影の余裕が有りました。

来年3月の終わりに、このシーンと春が再びおとずれます。

 


 

 

2009年6月
ユニセフ協会にお手伝いさせて頂くこと、始まりました。
まずは募金箱を設置しました、何かの折に投入しています。

HELPを叫ぶ世界のこどもたちに!

皆様にもおねがいいたします。

 

 

 

6月始めドウダンツツジがきれいになりました。
かわいいベルのかたちで満点星花と別名があるようです。
庭に 今は20株みごとに満開です。

 

 

2009年の4月もなかばに入りカタクリの花と水仙の花が咲きました
流れは清く すべてがこころにしみいります。

 

 

2009年1月4日、<西の魔女のおばあちゃんの家>の公開が終了しました。
小説・映画で話題になり多くの人のこころに触れてまいりましたが明日5日からは
入場できなくなりました。

 

 



2008年7月28日、最高温度20℃南の風2メートル。
エアコン無しで19℃、開けたドアーから窓へ館内を風がとおりぬけています。
夕方30分ほど豪雨、その後は緑がまぶしいほど美しい。
涼しい八ケ岳へおでかけください。

 


2008年6月21日、話題になりはじめた映画の拠点<西の魔女のおばあちゃんの家>をしらべました。
 美術館から<おばあちゃんの家>へは、西へ直線で1260メートルでした。
 美術館もおばあちゃんの所も、癒されて心に元気がでてくる希有なところです、
 どうぞおでかけください。

 

 

素敵な自然・こころ癒す森を維持しましょうと、お庭の手入れが始まりました。
                        
(2008.4月末頃)

 

(2008.6月中頃)

 

今回は10年毎に一度の大手入れ。

 

年輪の中程、黒い所とその内側が腐って強い風で倒れてしまいます。
外からは見えにくい所ですが丹念にしらべて切り倒します。

 

 

使える木材はすべて有効利用します。
早速、コンクリートの橋が丸太の橋に変わりました。

数年後には小鳥・りす・キツネがいま以上に顔を出す森になります。

 

 

今年(2008年)は、ふだん目にしない森の手入れを見ることが出来るかもしれません。

 

 

 
Copyright(C)2008-2017 A Museum of Art All rights reserved.