40才代の作品。
(画像をクリックすると拡大します)

【これでも二河白道なの】
白道で花を咲かせても、実を付けなければ。
これでは、実もなりません。
和紙とステンレス、アメジストやシトリントパーズ等。
【健康は、しなやかに、したたかに】
3つのアンスリュームの花は、グリーンゴールド18金・ピンクゴールド・イエローゴールド、
芯はプラチナに何百のダイヤモンド。りんごはピンク・クォーツ(紅水晶)。
年齢を重ねるごとに四方八方に花を見せます、花の仮面で着飾って。
高さ 約20cm
【夜明け前】
夜明け前が一番暗いと言います。
その闇の中から観る心の光は、明るさも見えないほど明るいそうです。
セメント、ステンレス、アワビ貝。
約40cm
【四角いナメクジ】
あれをしてもこまる、これをしてもいけない。
ここ、そこを、かたちにはまったまま、のろのろするばかりの我が姿でございます。
杉とダイヤモンド。
約30cm
【表と裏は紙一重】
【人生常に戦いの上に有り】
反対側から見たときには名称が変わるユニークな作品です、ちなみにどちらも前です。
チタン(チタニューム)、アクアマリン、プラチナ、榧(カヤ)の木。
高さ約50cm
【この瞬間。夢か!現実か!と思ったとき】
木に漆、プラチナ、ダイヤモンド、グリーンクォーツ、縄。
約39cm×47cm
【ケオスの中の女房】
タラの木、ソーダライト、チタニューム、ダイヤモンド、プラチナ。
(ケオス=カオス→混沌)
約30cm
【パンと宝石】
価値観の相違も"渾然一体(こんぜんいったい)"と取り込んで、おすまししながら堂々と休んでいます。
シトリントパーズ、18金、パン。
約40cm
【自我像】
人間、一皮剥いだらトゲだらけ。ただし、よく見るとキッラリと光るところがあります。下の丸い色鮮やかなのは子供です。
親につかず又、離れすぎず。
タラの木、ダイヤモンド、プラチナ。
約31cm×15cm
【 無 量 】
有りと無いの"間"。なにか、ゼロのような・・・。
粘板岩(那智黒石)、鏡、プラチナ、ダイヤモンド。
約30cm
【「嗚呼いい人生だったなー」とは決して言えないのに、言い切ってしまう、元気のいい亭主の姿】
年月がこんなに早く過ぎてしまった!を時計部品の車輪が表現。歳を感ずるすりおろしリンゴの空き缶。ただ一つ入っているのは枯れ枝・・・花も実も付かないはずなのにダイヤモンドが・・・それも極々小さなのが・・・。
約40cm
Copyright(C)2008-2017 A Museum of Art All rights reserved.
er="0" cellspac